マニエルオオタケ氏の書籍は副業をはじめたい、独立起業したい方におすすめ

本日は国内で4社、海外で1社を経営されているマニエルオオタケ氏の書籍

「年初20億円かせぐ!Amazonせどりの王道」のご紹介です。


マニエルオオタケ氏とは?


1991年生まれ。ユダヤスペイン系ペルー人と日本人の祖父を持つ日系3世。

高校卒業後、某芸能プロダクションに所属して俳優活動を始めるも、約2年間専念して最高月収は6万円。レッスン代に相殺され、衣装代や交通費などは自腹なので、300万円を超える借金を背負って俳優の道を断念する。その後、不動産会社に就職しながら、夜はコールセンターでアルバイトのダブルワーク生活を送る。1ヶ月の労働時間は350時間を超えていた。

会社帰りにたまたま寄った書店で読んだビジネス雑誌がきっかけでインターネットを使ったビジネスを知り、取り組み始める。初月で不動産会社の給料を超え、2ヶ月目に脱サラ。その後は独自のノウハウにより、半年後には月収100万円を達成する。

法人設立とともに東京に拠点を移し、自身の経験を生かして、ビジネススクールを開校。今まで指導してきたクライアントは個人、法人合わせて1500名以上。今では物販、一部上場企業のコンサルティング、芸能プロダクション事業、システム提供、イベント企画、広告事業といった様々な事業で月に2億円を売り上げている。


年商20億円かせぐ!Amazonせどりの王道について


安く仕入れた商品を、Amazonで高く売って稼ぐ「Amazonせどり」。


実績ナンバー1代行会社の運営、人気リサーチツール開発など、業界のスミからスミまで知りつくしているマニエルオオタケ氏が過去に実践していたせどりについて詳しく解説されています。


Amazonでの評価も非常に高く、初心者でも実行できるものばかりだから、ネットで独立起業したいけれど何をしたらいいかわからない人は非常におすすめです!


URL :http://amzn.asia/d/0ngYsvs

 

ツイートツイート

コメントは受け付けていません。